京都大学大学院 医学研究科 腫瘍薬物治療学講座 京都大学医学部附属病院 がん薬物治療科

当講座・当診療科についてAbout Us

当講座・当診療科について当科は、各専門診療科・診療部門と連携して京大病院がんセンターにおける抗がん薬治療の運用が安全かつ適切に行われるよう、がん薬物治療の基幹診療科の機能を担っている。また、がん診療においては、診療科横断的または職種横断的な業務もきわめて重要であるため、臓器別癌ユニット、チーム医療の調整も行っている。実際のがん治療には多種多様な知識や技術が要求され、治療成績向上のためには、抗がん薬治療や手術治療、放射線治療を併用する「集学的がん治療」が必要となる場合も少なくないため、当科は関連診療科と連携し、集学的がん治療を実践している。
がん医療開発にも注力しているが、特に化学放射線療法または放射線療法抵抗性の局所遺残再発食道がんに対する根治的救済治療としてレザフィリンと半導体レーザを用いた光線力学療法の医師主導治験を実施し、平成27年10月に医薬品と医療機器の薬事承認を世界ではじめて実現した。腎障害を伴うがん患者に対する適正な抗がん薬治療をめざし、腎臓内科と協力しOncoNephrology研究会を立ち上げ活動している。さらに、わが国ではじめてCLIA認証のクリニカルシークエンスを臨床実装し、ゲノム医療をいち早く実践しこの領域でわが国をリードしている。

当講座・当診療科の取り組みについてOur Project

当講座・当診療科の取り組みについて