当講座・当診療科についてAbout Us

当講座・当診療科について当科は、各専門診療科・診療部門と連携して京大病院がんセンターにおける抗がん薬治療の運用が安全かつ適切に行われるよう、がん薬物治療の基幹診療科の機能を担っている。また、がん診療においては、診療科横断的または職種横断的な業務もきわめて重要であるため、臓器別癌ユニット、チーム医療の調整も行っている。実際のがん治療には多種多様な知識や技術が要求され、治療成績向上のためには、抗がん薬治療や手術治療、放射線治療を併用する「集学的がん治療」が必要となる場合も少なくないため、当科は関連診療科と連携し、集学的がん治療を実践している。
がん医療開発にも注力しているが、特に化学放射線療法または放射線療法抵抗性の局所遺残再発食道がんに対する根治的救済治療としてレザフィリンと半導体レーザを用いた光線力学療法の医師主導治験を実施し、平成27年10月に医薬品と医療機器の薬事承認を世界ではじめて実現した。腎障害を伴うがん患者に対する適正な抗がん薬治療をめざし、腎臓内科と協力しOncoNephrology研究会を立ち上げ活動している。さらに、わが国ではじめてCLIA認証のクリニカルシークエンスを臨床実装し、ゲノム医療をいち早く実践しこの領域でわが国をリードしている。

関連講座Affiliated Laboratories

  • 臨床腫瘍薬理学・緩和医療学講座

    臨床腫瘍薬理学講座は、臨床腫瘍学領域の薬物療法の効果や副作用に関して、ゲノム薬理学的観点から個別化医療の確立・普及を図り、基礎と臨床が一体となり国内でのゲノム薬理学研究を推進する拠点形成を目指すために、2011年4月に設立されました。本講座のミッションは①病態関連の遺伝子についての研究、②遺伝子多型と薬剤に対する反応性の研究、③遺伝子検査による薬剤反応性を予測する研究など、PGxのアプローチから個別化治療を推進し、癌薬物療法を安全かつ有効に投与する方法論を確立し、最終的にがん治療の進歩に寄与することがゴールです。

  • 臨床システム腫瘍学講座

    京都大学医学部附属病院キャンサーバイオバンクプロジェクトにおいて、がん患者さんの臨床情報と生体試料に含まれる様々な生物学的情報を経時的に収集し統合的に解析する新たな方法論を開発するとともに、これらの膨大な情報からがん患者さん個々人に適した最良の治療法を見いだすアルゴリズムを構築することを目的とする。具体的には、がん患者さん個人の病態変化・治療効果・副作用の予測、患者個人に最適な治療戦略の合理的推定、および新たなバイオマーカー・創薬ターゲットの探索等を行い、医療の高度化と医薬関連産業への貢献を目指す。

スタッフ紹介Staff

武藤 学 がん薬物治療科 教授
専門分野 消化管がん 分子生物学 臨床試験
卒業年 平成3年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医、臨床腫瘍学会 暫定指導医、内科学会認定内科医、消化器病学会 指導医、消化器内視鏡学会 指導医
主な業績 第23回日本癌学会奨励賞受賞、平成26~28年度 日本医療研究開発研究機構研究費(革新的がん医療実用化研究事業)「難治性食道がんの治療方針決定に資する技術開発に関する研究」 研究開発代表者、平成26~28年度 日本医療研究開発研究機構研究費(革新的がん医療実用化研究事業)「これまで治療法がなかった食道癌術後の難治性吻合部狭窄に対する新しい治療法の開発」 研究開発代表者
<研究開発内容>
1)これまで早期発見が困難であった頭頸部癌および食道癌の早期診断を可能にした狭帯域光内視鏡の開発(平成21年度財団法人高松宮妃癌研究基金学術賞受賞)
2)治療抵抗性局所再発食道癌に対する根治的救済光線力学療法の開発 (医師主導治験調整医師、平成27年5月薬事承認、平成28年4月保険収載)
3)扁平上皮癌に対する化学放射線療法の有効性を評価するための遺伝子発現に基づく診断キット (国内・国際特許出願中、2018年実用化予定)
4)難治性食道癌・頭頸部癌の高危険群を簡易に判別するアルデヒド呼気テストとその測定機器(国内・国際特許出願中、2016年春販売開始)
5) On site診断を可能にするHER2迅速コンパニオン診断キット開発(国内特許出願中)
研究テーマ 食道発癌機序の解明、消化管癌の診断と治療、がん医療開発、臨床試験、社会医学
松本 繁巳 がん薬物治療科 准教授
専門分野 がん薬物療法 消化管がん
卒業年 平成2年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構 がん治療認定医、臨床腫瘍学会暫定指導医・がん薬物療法専門医、内科学会認定内科医、消化器病学会指導医、消化器内視鏡学会指導医
主な業績 アウトカム研究のための臨床データ収集システムの構築 J Med Syst 32: 423-427. 2008
研究テーマ 電子カルテを利用したがん診療データベースのシステム構築、パーソナルゲノム情報に基づくがん個別化医療に関する研究
金井 雅史 がん薬物治療科 特定准教授
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成6年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構暫定教育医・認定医、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、内科学会総合内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、臨床修練指導医
主な業績 平成24-26年 科学研究費(基盤研究(C)) 「網羅的マイクロRNA発現解析を用いたクルクミンの新たな抗腫瘍機序の解明」 Cancer Chemother Pharmacol. 2013 Jun;71(6):1521-30Cancer Chemother Pharmacol. 2011 Jul; 68(1): 157-64
研究テーマ パーソナルゲノム情報に基づくがん個別化医療に関する研究、胆膵化学療法、クルクミンのがん治療への応用
大橋 真也 がん薬物治療科 助教
専門分野 消化管がん
卒業年 平成9年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 平成28-30年 科学研究費(基盤研究C):アセトアルデヒド代謝機能改善に基づく食道発がん予防法の開発。平成28年度日本消化器病学会学術研究助成。平成27年度一般財団法人京都予防医学センター がん研究助成。平成26年度 藤原記念財団少壮研究者助成。平成25-27年 科学研究費(基盤研究C): EGFRシグナル阻害による細胞分化誘導を用いた食道癌に対する新しい治療法の開発。 Scientific Reports 2016: 6: 22452, Gastroenterology 2015: 149(7): 1700-15, Scientific Reports 2015: 5: 14142. Am J Cancer Res 2015: 5(8): 2431-2440, Am J Cancer Res 2014: 4(3): 279-284, PLOS ONE 2014: 9(8): e103126, Cancer Research 2011: 71(21):6836-47. Gastroenterology 2010: 139(6): 2113-23, Cancer Research 2010: 70(10): 4174-84
研究テーマ 食道扁平上皮癌発癌機構の解明
髙 忠之 がん薬物治療科 特定助教
専門分野 消化器がんの薬物治療
卒業年 平成10年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会総合内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、肝臓学会専門医
主な業績 Int J Clin Oncol. 2016;21:118-25. Jpn J Clin Oncol. 2016 [Epub ahead of print].
研究テーマ 遺伝子変異解析に基づくがんの個別化医療
松原 淳一 がん薬物治療科 特定助教
専門分野 消化器がんの薬物治療、臨床試験、および基礎研究
卒業年 平成12年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医
主な業績 平成22年度 安田記念医学財団 若手癌研究助成、平成23年度 日本学術振興会 特別研究員-PD、平成23年度 武田科学振興財団 医学系研究奨励、平成24年度 上原記念生命科学財団 海外留学助成金リサーチフェローシップ 2009 AACR-ITO EN, Ltd. Scholar-in-Training Award, 2009年 日本分子腫瘍マーカー研究会 学術奨励賞, 2010年 日本プロテオーム学会 奨励賞
J Clin Oncol 2009; 27: 2261–2268. Mol Cell Proteomics 2010; 9: 695–704. Clin Cancer Res 2008; 14: 3022–3029. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011; 20: 160–171. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011; 20: 2195–2203. Oncology 2011; 81: 291–297.
研究テーマ 癌幹細胞の薬物治療抵抗性メカニズムの解明、抗癌剤治療の個別化に向けたバイオマーカー開発
堀松 高博 がん薬物治療科 助教
専門分野 消化管内視鏡、消化管がん薬物治療
卒業年 平成14年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、消化器内視鏡学会指導医、消化管学会胃腸科指導医、臨床研修指導医
主な業績 平成24-26年 科学研究費(若手研究(B)) 「組織イメージングを利用した新しい内視鏡観察システムの開発」、平成28年 財団法人京都予防医学センター研究助成、 PLoS One. 2012;7(6):e38308. Epub 2012、 Jun 13Cancer Chemother Pharmacol. 2011 Jul;68(1):263-6、Int J Colorectal Dis2015 Jul;30(7):947-54、Intern Med. 2015;54(20):2595-7
研究テーマ 切除不能・再発小腸がんに対する薬物療法の開発、がん薬物療法を行う透析患者における薬物の血中動態解明及び標準的な治療法の開発、早期大腸がんに対する内視鏡診断治療の開発
川口 展子 がん薬物治療科 特定病院助教
専門分野 乳癌
卒業年 平成15年
専門医
認定医等資格
日本外科学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医
主な業績 平成29年-30年 科学研究費(若手研究(B)) IgGFcN型糖鎖を使用した乳癌予測モデルの研究
京都大学男女共同参画推進センター 出産・育児又は介護に携わる研究者に対する実験補助雇用制度( H29 -1)
Biochem Biophys Res Commun. 2016 Jan 22;469(4):1140-5
研究テーマ 乳癌におけるIgGFcN型糖鎖
乳癌発症リスクアセスメント及び遺伝性乳癌診療体系の確立
タキサン起因性末梢神経障害予防
永井 宏樹 がん薬物治療科 特定助教
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成15年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構 がん治療認定医、臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医、内科学会認定医、呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
主な業績 平成28~29年 科学研究費(若手研究B): DOTATOC陽性胸腺腫瘍におけるOctreotide/PSL併用療法
Support Care Cancer (2013):21(12), 3271-3278.
Int J Oncol (2012): 41(1), 24-30.
Int J Clin Oncol (2011): 16(5), 560-567.
研究テーマ がん薬物療法における個別化治療における研究、新たなバイオマーカーの探索
天沼 裕介 がん薬物治療科 特定助教
専門分野 消化管内視鏡、消化管がん薬物治療
卒業年 平成16年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 Sci Rep. 2015 Sep 16;5:14142.
研究テーマ 食道扁平上皮癌発癌機構の解明と予防への応用、生体試料を用いた食道がん治療効果予測マーカーの探索的研究、呼気を用いた低侵襲迅速ALDH2遺伝子型判別法の開発
瀬戸山 健 がん薬物治療科 医員
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成17年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
主な業績 Surg Endosc. 2011; 25: 3574-8. Clin Gastroenterol Hepatol. 2012; 10: A28. Dis Esophagus. 2014; 27: 112-115.
研究テーマ がん微小環境を標的にした治療法の開発(IGF標的治療を中心に)
野村 基雄 がん薬物治療科 医員
専門分野 がん薬物療法(消化管、頭頸部、悪性黒色腫)、放射線治療
卒業年 平成17年
専門医
認定医等資格
臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
主な業績 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会奨励賞、日本放射線腫瘍学会第23回学術大会奨励賞、Int J Clin oncol 2016 Mar 15. Cancer Chemother Pharmacol 2015 Aug;76(2):357-63. Ann Oncol 2013;24:1062-1066. Clin J Pain 2013;29:487-491. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2012;84:786-792. Br J Radiol 2012;85:813-818. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2012;82:946-852.
研究テーマ 食道癌に対する周術期化学療法の開発、粘膜黒色腫化学療法、免疫チェックポイント阻害剤のバイオマーカー探索
吉岡 正博 がん薬物治療科 医員
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成17年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
研究テーマ 分化誘導という視点からの新しい食道扁平上皮癌治療に関する研究、抗がん剤治療標的分子の新しい検出検出方法の開発
玉置 将司 がん薬物治療科 医員
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成18年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
研究テーマ 食道扁平上皮癌発癌機構の解明、食道早期癌内視鏡治療後の重複癌発生抑制に関する研究
片岡 滋貴 がん薬物治療科 医員
専門分野 消化器内科一般、がん薬物療法
卒業年 平成24年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
近藤 知大 がん薬物治療科 医員
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成25年
研究テーマ 皮下埋め込み型中心静脈ポートに関する研究
土井 恵太郎 がん薬物治療科 医員
専門分野 腫瘍内科
卒業年 平成26年
主な業績 Preferential selection of human T-cell leukemia virus type I provirus integration sites in leukemic versus carrier states.Blood、2005 aug 1;106(3): 1048-53
佐藤 千尋 がん薬物治療科 医員
卒業年 平成27年
山田 敦 先制医療・生活習慣病研究センター 特定講師
専門分野 消化器内科 消化管がん
卒業年 平成10年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 平成24年 財団法人京都予防医学センター研究助成:早期大腸癌および大腸前癌病変患者における血液バイオマーカー研究, 平成27年 公益財団法人 内視鏡医学研究振興財団研究助成:内視鏡切除標本を用いた大腸癌の「Serrated pathway」における癌化バイオマーカーmicroRNAの同定, 平成28~30年 科学研究費(基盤研究C): “Hypermutated-type” 大腸がんの診断バイオマーカーの開発, PLoS One 2014;9:e112481, PLoS One 2014;9:e98059, Clin Cancer Res 2015;21:4234-42
研究テーマ 消化器がんの血液バイオマーカーの開発、大腸前がん病変の診断
船越 真木子 先制医療・生活習慣病研究センター 特定助教
専門分野 消化器内科一般 内視鏡診断・治療
卒業年 平成17年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
山本 佳宏 がん薬物治療科 特定研究員
専門分野 キャンサーバイオバンク、クリニカルシークエンス
研究テーマ OncoPrime関連のメソッドバリデーションと技術開発
清水 充子 がんセンター がん医療開発部 特定薬剤師
専門医
認定医等資格
日本臨床薬理学会認定CRC 日本臨床試験学会GCPエキスパート認定
主な業務 臨床研究支援、スタディマネジメント、研究会事務局
佐々木 瑛里 がん薬物治療科 特定臨床検査技師
主な業務 オンコプライム業務

大学院生

船越 太郎 がん薬物治療科 大学院生
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成17年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医
研究テーマ 腎機能低下患者におけるがん薬物療法に関する研究、透析患者におけるがん診療に関する研究
馬場 希一郎 がん薬物治療科 大学院生
専門分野 呼吸器一般、消化器一般
卒業年 平成18年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医
研究テーマ PDXの作成および臨床応用
廣橋 研志郎 がん薬物治療科 大学院生
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成20年
研究テーマ アルコール関連発癌の予防
三谷 洋介 がん薬物治療科 大学院生
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成21年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医
研究テーマ PDTにおける日光過敏症と日光照度の関連性、ALDH2の活性化合物の探索
西川 佳孝 健康情報学 大学院生
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成23年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
主な業績 Esophageal rupture associated with colonoscopy preparation.
J Am Geriatr Soc. 2016 Mar;64(3):682-3. doi: 10.1111/jgs.14003.
Factors affecting dilation force in balloon dilation of severe esophageal strictures: an experiment using an artificial stricture model.
Surg Endosc. First online: 2016 Feb 19. doi: 10.1007/s00464-016-4749-5
釆野 優 がん薬物治療科 大学院生
専門分野 がん薬物療法 緩和ケア
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
卒業年 平成24年
研究テーマ 終末期予後予測モデルに関する研究
主な業績 ESMO Palliative Care Research Fellowship Award 2016とIntern Med. 2016;55(18):2605-9
水本 綾佳 がん薬物治療科 大学院生
研究テーマ アルコール関連発癌の予防法、食道扁平上皮癌の治療法

留学中

菊池 理 Research Fellow Laboratory of Adam Bass Department of Medical Oncology, Dana-Farber Cancer Institute Cancer Program, The Broad Institute of MIT and Harvard
専門分野 消化器がんの薬物治療、臨床試験、および基礎研究
卒業年 平成16年
専門医
認定医等資格
消化器がんの薬物治療、臨床試験、および基礎研究
専門分野 京都大学教育研究振興財団 海外の学界との交流等、教育研究上の国際交流の促進に対する助成(平成28年度)
Scientific reports. 6: 22452, 2016; Am J Cancer Res, 5: 2431-2440, 2015

国内出向中

森 由希子 厚生労働省 保検局 行政事務職員
専門分野 がん薬物療法
卒業年 平成10年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、消化器がん外科治療認定医、外科学会専門医、臨床研修指導医
主な業績 平成20-21年 科学研究費(若手研究B):食道亜全摘手術後の食思関連ホルモンの動向:グレリン高値のパラドックスの解析 Oncology 2010;79:136-143Oncology. 2006;70(5):378-89.
研究テーマ 消化器がん化学療法、レセプトデータを用いた医療実態(リアルワールド)解析研究
横山 顕礼 京都大学医学部医学研究科 腫瘍生物学講座 研究員
専門分野 消化器内科一般
卒業年 平成16年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 Dig Liver dis, 42:704-8, 2010. Dig Endsc, 24:412-8, 2012
研究テーマ 食道がんにおける5-FU薬物動態の観察研究、食道前癌病変のゲノム解析

客員研究員

江副 康正 がん薬物治療科 客員研究員
専門分野 消化管がん、消化管内視鏡
卒業年 平成10年
専門医
認定医等資格
内科学会総合内科専門医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 平成24~25年 科学研究費(若手研究B): 近赤外光を利用した非破壊的組織診断システムの開発
Gastroenterology 141(6);2017-2025:2011, J Clin Gastroenterol 45(3);222-227:2011, Gastrointest Endosc 71(3);477-484:2010
研究テーマ 抗がん薬に伴う有害事象に関する臓器横断的な検討、など
野崎 明 がん薬物治療科 客員研究員
専門分野 がん薬物療法(消化管、肺、乳腺、胆膵、婦人科等固形腫瘍全般および一部造血器悪性腫瘍)
卒業年 平成12年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構暫定教育医、臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医、内科学会認定内科医、静脈経腸栄養学会認定医
主な業績 ①The anti EGFR antibody indication between the Japanese and overseas guidelines. :Nozaki A, Shinozaki E, Mizunuma N. Gan To Kagaku Ryoho. 2010 May;37(5):799-804. 
②大腸癌における抗EGFR抗体医薬の有害事象 野崎明、篠崎英司 :医学のあゆみ 2009年 228巻13号 p. 1212 –1216 
③Analysis of the correlation with KRAS gene mutation status and the benefit of cetuximab plus irinotecan as third- line chemotherapy for the Treatment of unresectable metastatic colorectal cancer. Asai H, Shinozaki E, Nozaki A, et al. Gan To Kagaku Ryoho. 2011 Aug;38(8):1285-91
研究テーマ 各がん腫における臨床試験(新規治療法の開発、第II相~第Ⅲ相試験)、支持療法
青山 育雄 がん薬物治療科 客員研究員
専門分野 消化管がん
卒業年 平成14年
専門医
認定医等資格
がん治療認定医機構認定医、内科学会認定内科医、消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医
主な業績 平成26年度京都発革新的医療技術研究開発助成 Gastroenterological Endoscopy2008;50: 2859-65
研究テーマ 難治性術後吻合部狭窄に対する内視鏡治療、呼気を用いた低侵襲がん高危険群判別器開発
PHAM NGUYEN QUY がん薬物治療科 客員研究員
専門分野 総合内科、がん薬物療法
卒業年 平成21年
専門医
認定医等資格
内科学会認定内科医
主な業績 1.Proteasome-dependent activation of mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1) is essential for autophagy suppression and muscle remodeling following denervation. Quy PN, Kuma A, Pierre P, Mizushima N. J Biol Chem. 2013 Jan 11;288(2):1125-34.2.Projection patterns of single mossy fiber axons originating from the dorsal column nuclei mapped on the aldolase C compartments in the rat cerebellar cortex. Quy PN, Fujita H, Sakamoto Y, Na J, Sugihara I.J Comp Neurol. 2011 Apr 1;519(5):874-99.
3.Projection of reconstructed single Purkinje cell axons in relation to the cortical and nuclear aldolase C compartments of the rat cerebellum. Sugihara I, Fujita H, Na J, Quy PN, Li BY, Ikeda D. J Comp Neurol. 2009 Jan 10;512(2):282-304.
4.Identification of aldolase C compartments in the mouse cerebellar cortex by olivocerebellar labeling. Sugihara I, Quy PN. J Comp Neurol. 2007 Feb 20;500(6):1076-92.
5.ファム グェン クィー、水島昇. 老化とオートファジー. Clin Calcium. 2013 Jan;23(1):39-44.
第112回日本内科学会ことはじめ2015京都 優秀演題賞
第215回日本内科学会近畿地方会 若手奨励賞

実験助手

中井 由起恵
井田 有美
鶴巻 美穂子

秘書

高木 美保
大道 由佳里
惣田 理香
森 晴菜
佐々木 綾子
舟木 麻記