医局員募集Recruitment

がん治療の進歩は目覚ましく、個別化治療の新時代が到来していますが、現在もなお多くのがん患者さんとそのご家族の方々がこの病気と闘っています。今後、我が国では、高齢化に伴い、がんで苦しむ患者さんはさらに増え続けると予想され、がん医療はますます重要となるのは明白です。
がんの原因がゲノムの異常であり、新規抗腫瘍薬は腫瘍生物学や分子生物学に基づいて創薬されるため、臨床医は薬剤の効果や副作用を熟知するだけでなく、がんの遺伝的なサブタイプや患者さんの遺伝子多型の情報に応じて治療を選択する時代になっています。この様な個別化医療は今後もさらに発展すると考えられ、基礎から臨床まで幅広い知識と経験を有した臨床医が求められています。さらに、がん治療は一人ではできるものではありません。外科・放射線科・緩和治療科、そして併存する合併症があれば、関連する診療科などと連携し、また看護師・薬剤師とのチーム医療を効率的に実践することが、治療成績の向上に繋がり、がん臨床における必須のスキルとなっています。
がん医療の発展には、基礎研究、臨床研究、そして社会医学研究が必要です。われわれは、それらを含めた広い視野から、がん医療を考え、よりよい医療の実践と未来の医療開発を進めています。
がん治療を通じて世の中に貢献したい方、新卒・経験問わず、また臨床・基礎に限らず、当講座の門を叩いて下さい。アカデミックでヒューマニティあふれるオンコロジストを目指します。ドアを開けるのはあなた自身です。是非、我々と一緒にやりましょう。

研修カリキュラムについてTraining Curriculum

  • 当院で研修される後期研修医を募集しています!

    当科の研修は、がん診療の専門家を育成することを目標としています。

  • 研修の到達目標

    1)
    少なくとも消化管、肝胆膵、呼吸器、乳腺、血液の5領域に渡るがん患者の治療を経験する。
    2)
    自分が担当している患者の該当するカンファレンスに積極的に参加する。
    3)
    各がん患者の検査計画を自ら立て、癌の病期診断ができるようになる。
    4)
    各癌腫のガイドラインを理解した上で、癌の病期に応じた治療計画を自ら行う。
    5)
    がんの告知、適切な病状説明ができるようになる。
    6)
    化学療法の効果判定を行い、その後の治療方法の選択ができる。
    7)
    がんの増殖に関わる分子生物学を理解し、分子標的薬の奏効機序を学ぶ。
    8)
    臨床試験症例を通してRECISTやCTCAEでの評価を自ら行えるようになる。
    9)
    がん患者における緩和医療の理解を深める。
    10)
    終末期医療に関する理解を深める。
    11)
    がんの臨床研究の方法について概要と倫理指針について学ぶ。
    12)
    学会や研究会で発表を行い、論文作成を行う。

    後期研修以降の比較的臨床経験の浅い時期は、様々な癌腫の薬物治療の経験を積みながら、medical oncologistとしての能力を身につけることが重要です。一方、将来的にどの「癌」を自分のサブスペシャリティーにするかを見極めることも重要です。当科では、がん薬物治療専門医取得のための複数の診療科研修を可能にするため、大学病院でのハブ診療科として機能しています。 がん薬物治療専門医は、まだまだ不足しており、関連病院からの派遣要望が強いため、様々な形で臨床の現場で活躍できると考えています。

  • 2014年度の後期研修カリキュラムの実例

    2014年度の後期研修カリキュラムの実例
  • 見学・問い合わせ先

    がん薬物治療科 医局長:松本繁巳

    こちらのフォームよりお問い合わせください

    連絡先:075-751-3518

キャリアパスについてCareer Plan

京都大学腫瘍薬物治療学講座 卒後進路(例)

京都大学腫瘍薬物治療学講座 卒後進路(例)

その他個人の希望(短期研修など)に対しても相談に応じます。

大学院入学案内Admission Policy

「大学院入学については、京都大学大学院医学研究科を参照ください
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/apply/entrance_examination/

入学希望者はお問い合わせください(お問い合せ

大学院生の声

大学院2年目の横山です。
僕は、H16年に私立昭和大学を卒業し、その後、一般病院で初期研修2年、消化器内科医として後期研修を2年間行った後に、母校に戻りましたが、集学的にがんを治療することができるようになるべくH24年から京都大学に移り、H25年にがん薬物治療科の大学院生になりました。元来、臨床への興味しかありませんでしたが、6月より基礎研究をする機会を頂き、現在は、日々、四苦八苦しています。 当科は、科名は「がん薬物治療」ですが、がんを集学的に治療することを目的とした科で、所属する医師も腫瘍内科医だけでなく多岐にわたります。このため、大学院生も、基礎研究、臨床研究の枠を超えて、幅広い領域の中からテーマを選ぶことができます。

がんプロフェッショナル養成プラン

がんプロフェッショナル養成プランについては、以下のページをご参照ください。

がんプロフェッショナル養成プラン

研修に関するお問い合わせ